何気ない毎日に訪れた、黒いメガネの人物

ある日、家屋に電話が掛かって来た。
その人は、声音が荒く両親を呼んでくれと言うから、居ないと言ったら、怒鳴り始めた。
あぁゆうヒューマンは、怒鳴れば何とかなると思っているらしく、長らく怒鳴り声音で凄まじい言葉を発していた。
何日かして、見知らぬ父親数人が家屋に来た。
スーツ特徴で、必ずヤクザ風のみなさん。
「両親居るか?嬢さん。」
何だか、嬢ちゃんと言う。
いません、と答えると、又始まったよ、怒鳴り散らす愚者が。
怖い声音にしてるようでも、こちらにはとっても効かない。
あの人達は、ヤクザ特有で本当のヤクザになりきれてない同様。
何故なら、指があったから。
しかも、なんとなく払えばいいんだからさ、と微かな優しさも見せた。
ヤミ金、それは、利子が厳しく、払えないと家屋迄来て、脅すヒューマンの実態。
1枚のレターで宿命が変わる。
借りなければ、関わる事はない。
だけど、お金が借りれるって言うあまい魅惑に負けてしまう。
元手に困ると、疑念がなくなってしまうのだ。
安全、月額この位なら返せる。
そんなに思うのは、滑り出しの内部だけ。
利子が重なり、借りた総額より上乗せされて返せなくなる。
それを分かっていて、ヤミ金はかす意義だから、低いヒューマンだ。
これでもひとまず、審査がある同様。
前に聞いたら、審査があるのでと言われて、働いてない自身にはどのくらい借すのかと思ったら、意外にちっちゃい費用だった。
ようやく利子が重なるんだと思った。
前もって、ヤミでは借りてはいけないと思う。
何が起こるかは、借りた自身しか分からないから。エテルノ プラリフ キャッシュバック